2022年10月20日例会のお知らせ

ワハン回廊から見るヒンドゥークシュ山脈

当会会員の角張嘉孝さんが、タジキスタンで進めている「パミール温泉水利用温室栽培」プロジェクトの報告です。

9月初めより、奥様ともどもタジキスタンに約一ヶ月滞在、関係各部署との折衝、資材買い付け、運送手配、現地工事監督など精力的に動き、地元の多大な協力の下、プロジェクトは好調に滑り出しています。

◎日 時 10月20日(木)14:00~16:00

◎場 所 勤労者山岳連盟(飯田橋)会議室

2022年9月15日例会のお知らせ

↑ 田口計介さんの旅行ルート
① この7月に、西遊旅行のパッケージツアーでタジキスタン全体(西部及び東南部ワ 
ハン)を旅行下、オクサス(アムダリアのギリシャ語名)学会副代表田口計介さんの報告を伺います。
アジナ・テペ(巨大な涅槃仏の出土した遺跡)、タフティ・サンギン(グレコ・バクトリア時代の遺跡)、イスカンダル・レイク(アレクサンドロスに関する伝説がいくつもある)、ワハンの温泉巡り、ゾルクル(標高4200mの英名ビクトリア湖)訪問など盛りだくさんの旅行です。
また、パミールハイウェー周辺の中国の浸食状況、コロナ禍の中の一般の旅行事情、などにも触れていただきます。

② 角張嘉孝さんの「パミール温泉水プロジェクト」の進捗状況報告

◎日 時 9月15日(木)14:00~16:00

◎場 所 勤労者山岳連盟(飯田橋)会議室

◎会 費 資料コピー代若干

2022年7月21日読書会のお知らせ

↑パミール概念図と1931、1932、1933年のクリィレンコ隊のルート

前回終わりまで行かなかったので、『未踏のパミール』をもう少し頑張りましょう!

今回はP245 第四部 科学アカデミー山脈―一九三二年の遠征の手記より

◎日 時 7月21日(木)14:00~16:00

◎場 所 勤労者山岳連盟(飯田橋)会議室

◎会 費 資料コピー代若干

2022年6月16日 読書会のお知らせ

 今年度の 読書会は引き続き『未踏のパミール』を読み上げ、その後『変わりゆくパミールの自然と暮らし―持続可能な山岳社会に向けて―』を読む予定です。

 今回は第三部 ガルモの接合点―1931年の遠征手記より 第三章 P238より

◎日 時 6月16日(木)14:00~16:00

◎場 所 勤労者山岳連盟(飯田橋)会議室

◎会 費 資料コピー代若干

2022年4月例会のお知らせ

新型コロナの影響で延び延びになっていました例会の

ダルコット峠(担駒嶺) 高仙芝はどの谷を登ったのか?】(会員 髙橋善護 担当)

4月16日(土)14:00〜16:00勤労者山岳連盟会議室飯田橋)で行います。

いつもの木曜日ではなく、土曜日ですので、お間違いなきようにお気をつけ下さい。

久しぶりの対面での例会で、資料も充実しています。是非皆様お運び下さい。

2022年1月20日 (木)のパ中研例会は中止します。ダルコット峠……は 3月17日(木)に行う予定です。

/新型コロナの蔓延防止策「マンボウ」に従って、2月17日は中止にし、改めて3月17日といたしました。たびたび日程が変わって、申し訳ありませんでしたが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

新日程は4月前半を目標に会場との設定を調整する予定です。

2022年1月例会のお知らせ     

ダルコット峠(担駒嶺) 高仙芝はどの谷を登ったのか?
          高橋 善護
             

 ヒンドゥークシュ山脈を越えて、ギルギットを攻める高仙芝が選んだ道はどこか?
実地踏査と資料から読み解いたルートは?

◎日 時 1月20日(木)18:00~20:00

◎場 所 勤労者山岳連盟(飯田橋)会議室

◎会 費 会員…資料コピー代若干 会員外…資料代+会場費300円 

12月の読書会+例会+忘年会

◎パ中研12月は、三本立てです。

 ①本年9月10月のタジキスタン旅行事情
   会員の角張さんのコロナ下での旅行奮闘記録
   ビザ取得騒動から、植林地のその後、パミール旅行の現状
 ②『未踏のパミール』読書会続き 第三部第三章P238から
 ③忘年会 飯田橋駅ラムラ20F「北海道」

◎日 時 12月16日(木)14:00~16:00 忘年会は17:00 〜

◎場 所 勤労者山岳連盟(飯田橋)会議室 忘年会は上記

◎会 費 資料コピー代若干 忘年会会費は別途

10 月の読書会+例会

上の写真 フェドチェンコ氷河下部。中央はイスマーイール・ソモニ峰(=コミュニズム峰 本書口絵より)

◎10月は二回行い(一回目は既終了)、二回目(10月21日)は急遽、『未踏のパミール』読書会と、高橋善護さんによる1971年のマナスル西壁登頂のスライド映写との、二つを行います。

第三部 ガルモの接合点の途中、九月十日のところから読み進めます。
間に合えば、事前にA4でプリントできる地図をお送りいたします。
(テキストの無い方はお申し出ください。該当部分のコピーをお送りします。)

パ中研の読書会は『未踏のパミール』(クルィレンコ著 田村俊介訳 1978 白 水社刊)を読み進めていますが、次回もZoomで開催します。

◎次回 10月7日(木)15:00~17:00 参加希望者は kaitaro2018@gmail.com へお申し込み下さい。  終了

◎次々回 10月 21日(木) 14:00~16:00 於 労山会議室

パミールと中央アジアの山と歴史を学んで遊び楽しむコミュニティです