2 月例会のお知らせ

フェドチェンコGl.源頭の山々

(写真提供 千葉大学竹内 望教授)

報告者 角張嘉孝 (特定非営利活動法人 中央アジア森林草地保全研究所代表
静岡大学名誉教授)

パミールの西より中央部を南から北へ流れるフェドチェンコ氷河は、山岳氷河としては世界一の長さを誇る72kmで、 中流域の西側には7492mのイスマイール・ソモニ(コミュニズム)峰、7105mのコルジェネフスカヤ峰もある。

氷河の末端部 の標高は3000m、最上流源頭部の標高は約5200mだ。源頭部を囲む山々はさらに1000m以上高い。

中流域西側の7000m峰を除いて、この氷河源頭部の山々へは日本人はほとんど入っていない。氷河のアイスコアを掘削する研究者が、氷河上を歩いているだけだ。

そこで、今回はこの源頭部周辺の魅力的な山々を紹介し、ヒマラヤやカラコルムなどとは違うパミール登山の問題点なども検討する。

◎日 時 2020年2月20日(木) 午後6時より
◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
     東京都新宿区新小川町5-24
     地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html

◎どなたでも参加出来ます。
 会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

1 月読書会のお知らせ

『中央アジア探検小史』

金子民雄 著 三省堂選書 1978年刊

荒々しい中央アジアの暗黒の時代、旅は冒険であり、ロマンだった。
19世紀、動乱の中央アジア、残忍な汗の支配する砂漠と草原の国に魅せられた十人の探検家を語って、余韻を残す金子民雄さんの好著。

◎担 当 本多海太郎(当会会員)
◎日 時 2020年 1月16日(木) 午後6時より
◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
     東京都新宿区新小川町5-24
     地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html

◎どなたでも参加出来ます。
 会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

12 月例会と忘年会のお知らせ

「カラコルムからヒンズークシュ踏査」報告会

報告者 高橋善護(タカハシヨシカズ)・伊丹 紹泰(イタミツグヤス)

ダルコット峠の二人

計画した、カラコルムのチリンジ峠は国境警備軍により追い返されて×、ヒンズークシュのカランバール峠は◎、バローギル峠は×、シャージナリ峠は◎、の2勝2敗となったが、追加で歴史的なダルコット峠を一周した。

ということで、高橋にとっては52年ぶりのヒンズークシュ踏査であったが、当人の心では実り多き山旅だったという。

◎日 時 2019年12月18日(水) 午後6時より(いつもと曜日が違います。会議室の都合で水曜日になっています。)
◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
     東京都新宿区新小川町5-24
     地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html

◎どなたでも参加出来ます。
 会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

◎その後、飯田橋駅近辺で忘年会を行います。費用5000円くらい。

11月読書会のお知らせ

チベット●謀略と冒険の史劇  アメリカと中国の狭間で

       倉地 敬 著 社会評論社 2017

日本人はチベットについてこの一世紀の数奇な成り行きを殆ど知らない。
ここにはチベット民族の自立願望を巡る沢山の抗争史がある。
欧米では各種の記録、証言、調査、取材で少しづつ明らかになっているが、日本語の資料はない。
しかし、そこを明らかにすることこそ、中国とアメリカの狭間にある日本が学ばなければならない教訓なのだと、倉地敬氏は語る。

◎担 当 越田和男(当会会員)
◎日 時 2019年11月21日(木) 午後6時より
◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
     東京都新宿区新小川町5-24
     地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html

◎どなたでも参加出来ます。
 会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

10月例会のお知らせ

『アフガーニスターン ―英ア戦争を中心として―』

コーヒスターンの歩兵:第一次アフガン戦争当時の絵 James Rattray 原画

古くはアレクサンダー大王の例にあるようにインドに攻め込む諸勢力の通過地となってきたアフガニスタン。現代に続く混迷は大きく見れば英国のインド支配に発し、膨張するロシアとの接触はいわゆるグレート・ゲーム時代をつくり、その後も大国の狭間にあって独立不羈の民族は未だに安定しない。
 その歴史を、19世紀以来の3次にわたる対イギリスとの戦争を軸に語っていく。

◎担 当 関根正男(アフガニスタン文化研究所会員)

◎日 時 2019年10月17日(木) 午後6時より

◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
     東京都新宿区新小川町5-24
     地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html

◎どなたでも参加出来ます。
 会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

9月の読書会のお知らせ  

『チムール帝国紀行』クラヴィホ

クラヴィホの肖像(
19世紀に描かれたもの)

大航海時代といわれる15世紀の初頭、スペイン王から派遣された王の侍従クラヴィホはコンスタンチノープルを経てサマルカンドまで旅し、チムールに拝謁した。彼の旅行記は道中の様子、チムール帝国内の制度、一族の幕営地のありさまなど詳細を極め、貴重な史料となっているが、その一端をご紹介しよう。

◎担 当 本多海太郎

◎日 時 2019年9月19日(木) 午後6時より

◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
     東京都新宿区新小川町5-24
     地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html

◎どなたでも参加出来ます。
 会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

7月例会のお知らせ『インドで過ごした幼年時代』

シルクロード探索はライフワーク? 当パミール中央アジア研究会の理事でもあり、オクサス学会、玄奘福舎等の読書会、はたまた長距離自転車走の世界にもどっぷりはまり込んでいる、行動力に溢れたスーパーレディはインド育ちの湘南ガール! その生いたちを自ら語る! 

◎担 当 井手マヤ

◎日 時 2019年7月18日(木) 午後6時より

◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
東京都新宿区新小川町5-24
地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html
どなたでも参加出来ます。

◎会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

6月例会のお知らせ

『インドで本と出会う』

根っからの山好き、本好きがヒマラヤ・ヒンドゥークシュ、カラコルムの遠征の度毎に、インド・ネパール・パキスタン・アフガニスタンの街の古本屋を覗き歩き。どの街でどんな本を手に入れたのか。

◎担 当 伊丹紹泰

◎日 時 2019年6月20日(木) 午後6時より

◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
東京都新宿区新小川町5-24
地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html
どなたでも参加出来ます。
◎会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

●写真はネパールの書店(by Phu Ngayen)

5月読書会のお知らせ

『新編 西蔵漂泊―チベットに潜入した十人の日本人』

江本嘉伸 ヤマケイ文庫 2017年 (原本は上下巻で1993年、1994年刊)

明治から大正、そして昭和にかけて、仏教の経典を求めて、あるいは僧院での修学に、そして国の密命を帯びて、鎖国状態のチベットに密かに潜入した十人の日本人がいた。彼らの行動を、新発見の資料と現地を含めた取材で探った異色のドキュメンタリー。当時のチベットの特異性と歴史に翻弄された日本人の稀有な体験が、詳細に綴られる。(本書裏表紙の紹介より)

◎担 当 絹川祥夫

◎日 時 2019年5月16日(木) 午後6時より
◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分)
     東京都新宿区新小川町5-24
地図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html
 どなたでも参加出来ます。
◎会 費 会員……資料コピー代若干 会員外……コピー代+会場費で500円程度

2019年パミール中央アジア研究会総会と講演のお知らせ

【総会】

◎日 時 2019年4月18日(木)午後5時開会

◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分 )
     新宿区新小川町5-24
 地 図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html

【講 演】
南米縦断18,000kmの旅」髙橋善護 氏(当会会員)

70歳を越えて全ての仕事や介護を終え、やっと自由な時間を持てたとき、人は何をするか……
8000メートルへの垂直の旅でなく、大陸縦断という水平の旅を選んだ人の物語。
パナマからメキシコまでの「中央アメリカ縦断」一人旅の後には、「南米大陸縦断 18000km」だった。20キロのザックをかつぎ、バスを乗り継いだ72歳はエクアドルからパタゴニアまでを、どう旅したのか?

◎講演は午後6時から 同じ場所で。
 会員でなくとも参加出来ます。
◎会費 会員外 資料代など500円程度
◎講演終了後懇親会もあります。(参加自由)

パミールと中央アジアの山と歴史を学んで遊び楽しむコミュニティです