9月読書会   『中央アジア探検紀行―オクサスとインダスの間に』

R・ショーンバーグ著 広島三朗訳 1985 年 論創社
20世紀初頭のフンザ バルティト城

パキスタン北部のヒンドゥークシュ山脈とカラコルム山脈の間はまさにオクサス(アム・ダリア)とインダスという二つの大河の上流部にはさまれた地域といえる。パキスタン北部を歩き尽くした訳者によってショーンバーグによる最も詳しい案内書も甦った。         担当 本多海太郎

◎日 時 2018 年9 月20 日(木) 午後6時より
◎場 所 勤労者山岳連盟会議室(飯田橋駅東口から10分 )
新宿区新小川町5-24
地 図 http://www.jwaf.jp/profile/location/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください